子供の家出捜索

行方不明・失踪・家出人捜索は
探偵事務所へ今すぐ無料相談

トップページ

未成年の息子・娘が突然行方不明に…。家出?失踪?何か事件に巻き込まれた可能性は…?警察に相談しても相手にしてもらえない…!

そんな不安・悩みを抱えている方のために、行方不明・失踪・家出人捜索など人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

このようなことでお悩みではないですか?

  • ちょっと叱ったら子どもが家を飛び出し帰ってこない…。
  • 芸能界に憧れていた高校生の娘が遊び出掛けたまま戻らない…。
  • 小学生の息子が友人と遊びに行ったまま行方不明に…。
  • 中学生の息子が最近友人関係で悩んでいるようだった…。
  • 頻繁に連絡を取り合っていた大学生の娘と連絡が取れない…。

大切な子供が突然行方不明になってしまったら…。

今、お子さんが行方不明になっているという親御さんは不安で夜も眠れない日が続いているのではないでしょうか…。

警察に捜索願を出したからひとまず安心と思われている方がいましたら、それは大きな間違いです。

残念ながら警察に捜索願いを出してもほとんどのケースで家出人を探してもらうことはできません。

何故なら警察には年間約10万人もの捜索願いが出されており、人手が足りないからです。

事件が起きてからじゃ遅いという気持ちは十分に理解できますが、警察は一般家出人(当人に家出の意思があって行方不明)よりも、事件性の高い特異行方不明者(当人に家出の意思がなく事件や事故によって行方不明)を優先せざるを得ないのです。

しかし未成年の失踪は成人の失踪と比較して事件に巻き込まれやすいのも事実です。

ならば、警察が動くような事態に陥る前に見つけ出してあげるのが重要なのではないでしょうか。

そこで頼るべきは「探偵事務所」です。

対象者を一番早く、そして確実に探し出してくれるのが調査のプロである「探偵」の仕事です。

「警察に捜索願い出したし…」「もうしばらく様子を見よう」その考えが1番危険です。

発見率=生存率とも言われています。

失踪から1週間を過ぎてしまうと徐々に発見率が低下し、初動の遅れで生死に関わる問題に至ってしまう失踪者も少なくありません。

「あと少し依頼するのが早かったら…」と後悔することのないように、一刻も早い対応が重要となります。

全国に5000件以上もある探偵事務所や興信所など業者の中から信頼と実績が最もあり、無料相談できる業者を厳選しました。下記からお選び頂くと安心です。

行方不明・失踪・家出人捜索なら
信頼と実績の探偵事務所がおすすめ

解決実績10万件以上!
評価相談店舗
★★★★★無料全国18拠点
  • 調査実績43年
  • 法律に則った安心の探偵事務所
  • 日本最大級の調査員数
  • 全国主要都市に18拠点
  • 電話相談は24時間365日対応
  • 最新鋭の調査機材
  • 安心の料金設定・クレジットカード決済対応
  • 調査後のアフターフォローも万全
  • テレビ番組への調査協力多数

【優秀な失踪人捜索解決実績】
原一探偵事務所は、テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」をはじめ、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」等で、様々なケースの失踪人や行方不明者を捜索し結果を出してきた信頼と実績があります。

【安心の価格設定】
原一探偵事務所は必要経費が全て込みの安心プランとなっています。お見積もり以外の追加料金は一切いただきません。


お客様満足度98.6%!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国11拠点
  • カウンセリングによる問題解決・再発防止
  • 業界初の成功報酬・後払い制

【専門カウンセラーによるアフターサポート】
失踪者・家出人を発見した後は、何が原因で失踪したのか、どのようにすれば再発を防げるかをきちんと理解することが大切です。再発防止策のアドバイス、カウンセリングを受けることができます。

【解決率87.2%】
経験豊富な人探し・行方調査専門スタッフが24時間体制で対応します。全国のネットワークと高い調査力を駆使し対象者を早期発見に導きます。

まとめ

大切な息子・娘が突然行方不明となり、家出なのか失踪なのか事件なのかも分からず不安な日々を過ごされている方、行方調査はスピードが重要です。行方不明者・失踪人・家出人捜索など人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所に今すぐ無料相談されることをおすすめします。

はじめての探偵・行方調査Q&A

探偵事務所に行方不明・失踪・家出人捜索を依頼したいけど一歩踏み出せないという方、悪徳な探偵事務所に引っかかりたくない方、まずは探偵事務所についてそして行方調査について知ることからはじめましょう。 探偵・行方調査に関連する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.値段が相場より安い探偵事務所は信用できますか?

A.依頼前の料金見積りと、契約内容の確認を必ず行いましょう。

相場より安い探偵事務所に惹かれてしまう気持ちは理解できます。ですが、探偵業界では誇大広告が蔓延っており、見積金額に上乗せして調査費用を請求してくる探偵事務所も少なくありません。 見積もり段階では一番安くても、最終的に高額になってしまっては意味がありません。

見積金額以上の金額を請求しないと明言している探偵事務所や、追加調査の際には必ず事前に了解を得るといった探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

Q.探偵が調査内容等の秘密を洩らす可能性はありませんか?

A.業者によっては可能性が0とは言えません。

探偵業は調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはいけないと探偵業法で秘密厳守を義務付けられているのですが、悪質な探偵事務所によっては徹底されていないのが実情です。 外部へ洩れるケースは、情報管理が不十分、探偵業者が故意に漏らす等様々です。 個人事務所や小さな探偵事務所の全てが危ないというわけではありませんが、やはり信頼と実績のある大手探偵事務所に依頼するのが安心と言えるでしょう。

Q.探偵が調査を失敗したら返金されますか?

A.各探偵事務所によって異なります。

返金対応については、各探偵事務所によって方針が異なります。

1.全額返金される

2.調査した分の料金を差し引き、残金が返金される

3.返金されない

探偵事務所によっては成功報酬・後払い制を採用しているところもあります。

解約や返金に関しては、探偵業者は必ず事前説明をする義務があり、調査を行う前の段階で必ず説明をされます。 解約や返金についての説明をしない、はぐらかすといった探偵事務所に依頼するのは止めましょう。

Q.相談したら契約しなければいけませんか?

A.いいえ。

契約は希望の方のみですのでご安心ください。また、相談の上で調査が必要ないと判断された場合も受託されない場合があります。 行方不明・失踪・家出人捜索はスピードが重要ではありますが、焦る気持ちを利用し契約を無理やり迫ってくるような探偵事務所は避けましょう。

Q.解決の糸口となる情報とはどういったものですか?

A.氏名、生年月日、顔写真など。

氏名や生年月日はもちろんのこと、住所(現住所、本籍地、過去の居住地等)、写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真)、携帯電話番号、趣味嗜好、持ち出したと思われる所持品(免許証やキャッシュカード等)、 失踪時の所持金、銀行口座の金額の変動、異性・友人関係、パソコン内の情報、書置きなど、些細な情報でも1つでも多くの情報を提供することで早期発見に繋がります。

探偵の基礎知識コラム

家出調査など人探しを行う際に探偵事務所に依頼する人も増えているようです。

その際、どうしても気になるのがどのくらいの費用がかかるのかではないでしょうか。

平均すると1回の調査で50?70万円かかっているとされています。

しかし探偵事務所によっては1時間いくらという「時間料金型」や「◯時間いくら」という少しお得なパック料金が設定されているパターンや成功した場合に報酬金を支払う成功報酬型があります。

またこの中でも使った機材や交通費などの経費が込みの料金形態や出張などの特別な場合を除き追加費用なしという場合もあるので費用面は確認しましょう。

また、依頼をしたからといって必ず満足できる結果が出るわけではなく、状況が硬直したら新しい情報が出るまで一時中止する決断も必要です。

学生時代の友達に久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達も連絡先がわからずいつに間にか音信不通状態ということがありました。

そこで行方不明者の捜索について気になったので調べてみました。

自力で探すのも1つの手段ですが探せる範囲に限りがあります。

そこで家出調査など人探しの専門家である探偵への依頼も考えましょう。

その際に最初は自力で探すと思いますが家出調査を行う探偵の話では4日間以上行方も連絡もない場合は探偵事務所に依頼して欲しいとのことでした。

また、探偵に依頼すると個人情報保護法の観点などから見つかった際にどう接触したら良いかアドバイスがもらえます。

実行したかは別にして皆さんも1度は家出しようと思ったことはないでしょうか。

自分の場合は弟とのケンカでしたが他の人の理由はどういったものがあるのでしょう。

調べてみたところ家出調査のプロである探偵の話を見つけました。

探偵事務所の行う家出調査は失踪人探しも含まれるので正確ではないかもしれませんが、主な理由としては「借金」や「非行」、「うつ病」などとなっています。

いずれにしても早く見つけることが大切です。

探す側になった際は、部屋や私物を調べることで意図的か事件性があるか判断できる可能性があるほか、家出先の手がかりにつながる情報が見つかるかもしれません。

何をするにしてもやり方は1つではありません。

それは家出調査でも同様のことが言えます。

主な方法としては自力で捜索、警察に行方不明届け出を出しての捜索、探偵を使っての捜索の3種類になります。

ほとんどのケースでは自力での捜索と探偵を使っての捜索という形になると思います。

なぜかというと基本的に警察は何か事件が起きてからでないと動けないからです。

そのため、最初に私物を確認しましょう。

その際に、洋服や大金、印鑑などを持っているのがわかれば意図的な家出と判断できますし、仮に遺書なんかが出てきたら命に関わるので速やかに警察へ相談に行きましょう。

子供が家出を行なった際、親はまず何をしたらよいでしょうか。

多くの人が考えるのは警察への届け出だと思いますが原則として警察は何か事件などが起きてからでなければ動けません。

「そのうち帰ってくるだろう」という認識でいると事件に巻き込まれることもあり得ます。

そのため、なるべく早く探し始めなければいけません。

家出調査のプロフェッショナルである探偵の方の話では、まず最初に、子供の私物を確認することを推奨しています。

手がかりとなる手紙が置かれている可能性もあり、その中には家出先の情報やそもそもの家出の原因が書かれていることもあります。

自分は大丈夫と思っている人ほど巻き込まれる場合がありますよね。

例えば、海外旅行した際にバッグを盗まれることや突然、旦那や親族が失踪して連絡がつかなくなるといったことです。

盗難防止の方法はTVなどいろいろなところで知ることができますが人探しの方法はあまり知られていないと思います。

家出調査のプロである興信所の方に探し方を教えてもらいました。

多くの人が最初は自力で探すことを考えると思います。

その際、まず確認したいのが私物の有無です。

変えの服を持っているかや常備薬の有無がわかれば意図的に行ったかの判断がつきます。

もし車を持っている場合は車の有無で行動範囲も大きく変わります。

ネット上で家出調査について検索しているとこういった質問を見かけます。

息子が家出した、探偵を利用したほうがいい?という内容です。

おそらく、10代、20代の子供を持つ親の方の質問だと思います。

ほとんどの場合、頼んだほうが絶対にいいです。

その理由としては子供が家出をするときは其れ相応の覚悟をして家出します。

例えば、親とのケンカで家出した場合は待てば帰ってくるということもありますが回数が増えるとそのうち計画的に家出をして音信不通になることもあります。

また、親の過干渉によるプレッシャーなどが原因の場合は親の過干渉によるプレッシャーなどが原因の場合です。

プレッシャーなどが原因の場合、心理状態は追い込まれていると推測できるからです。

家出人探しをする際の重要事項を家出調査を行う探偵に聞きました。

まずは家出状況の確認をしましょう。

例えば、家出時間がいつ頃か、そのときの持ち物はなんだったのかなどです。

早朝の家出の場合は計画的な場合が多く、電車や飛行機を使って遠くに行く場合があるようです。

夜の家出は逆に近場の友人宅などが行き先になっていることが多いようです。

ただし、夜行バスを使って遠方へ行くこともあります。

ほぼ直前の服を着て家出しています。

また、持ち服がある程度わかっている場合では、どのくらい服を持って出たかで長期の計画かどうかを推測できます。

この前、驚いた話を探偵の方がしていました。

それは、行方不明届けが毎年8万件以上あるという話です。

これは警察に届けられた件数なので実際はその何倍にもなると言われています。

行方不明者は早く探し出すことが重要とされ、緊急性の高さや失踪要因からベストな方法を選ぶ必要があります。

家出調査と同様にまずはじめに行う必要があるのは通帳や印鑑、数日分の着替えなどがなくなっている場合は意図的な家出であると考えられます。

もし、次に行うのは警察への届け出をしましょう。

もし、遺書などが見つかった場合はすぐに警察に届け出をしましょう。

他には、探偵への調査依頼を行うことも考えておきましょう。

連絡が急につかなくなった相手を探したい、というときにみなさんはどうしますか?多くの人は警察を頼ろうと考えるかもしれませんが警察では事件性の高いと判断しない場合あまり動いてくれません。

そうすると活用を考えるのが家出調査が得意な探偵への依頼です。

探偵による人探しは聞き込みや張り込みが基本となっているので場合によっては想定以上に時間や人手がかかります。

携帯会社や役所などに住所などの情報を開示してもらえばいいんじゃないの?と弁護士から役所や携帯会社への情報請求ができます。

個人情報の開示請求は弁護士ができるのですが慰謝料請求などの正当な理由がないと請求できないという決まりになっています。

探偵お役立ち情報

行方不明・失踪・家出人捜索なら
原一探偵事務所がおすすめ

子供の家出捜索は探偵事務所へ