子供の家出捜索

行方不明・失踪・家出人捜索は
探偵事務所へ今すぐ無料相談

トップページ > 栃木県

未成年の息子・娘が突然行方不明に…。家出?失踪?何か事件に巻き込まれた可能性は…?警察に相談しても相手にしてもらえない…!

当サイトでは栃木県にお住まいの方に、行方不明・失踪・家出人捜索など人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

このようなことでお悩みではないですか?

  • ちょっと叱ったら子どもが家を飛び出し帰ってこない…。
  • 芸能界に憧れていた高校生の娘が遊び出掛けたまま戻らない…。
  • 小学生の息子が友人と遊びに行ったまま行方不明に…。
  • 中学生の息子が最近友人関係で悩んでいるようだった…。
  • 頻繁に連絡を取り合っていた大学生の娘と連絡が取れない…。

大切な子供が突然行方不明になってしまったら…。

今、お子さんが行方不明になっているという親御さんは不安で夜も眠れない日が続いているのではないでしょうか…。

警察に捜索願を出したからひとまず安心と思われている方がいましたら、それは大きな間違いです。

残念ながら警察に捜索願いを出してもほとんどのケースで家出人を探してもらうことはできません。

何故なら警察には年間約10万人もの捜索願いが出されており、人手が足りないからです。

事件が起きてからじゃ遅いという気持ちは十分に理解できますが、警察は一般家出人(当人に家出の意思があって行方不明)よりも、事件性の高い特異行方不明者(当人に家出の意思がなく事件や事故によって行方不明)を優先せざるを得ないのです。

しかし未成年の失踪は成人の失踪と比較して事件に巻き込まれやすいのも事実です。

ならば、警察が動くような事態に陥る前に見つけ出してあげるのが重要なのではないでしょうか。

そこで頼るべきは「探偵事務所」です。

対象者を一番早く、そして確実に探し出してくれるのが調査のプロである「探偵」の仕事です。

「警察に捜索願い出したし…」「もうしばらく様子を見よう」その考えが1番危険です。

発見率=生存率とも言われています。

失踪から1週間を過ぎてしまうと徐々に発見率が低下し、初動の遅れで生死に関わる問題に至ってしまう失踪者も少なくありません。

「あと少し依頼するのが早かったら…」と後悔することのないように、一刻も早い対応が重要となります。

全国に5000件以上もある探偵事務所や興信所など業者の中から信頼と実績が最もあり、無料相談できる業者を厳選しました。下記からお選び頂くと安心です。

行方不明・失踪・家出人捜索なら
信頼と実績の探偵事務所がおすすめ

解決実績10万件以上!
評価相談店舗
★★★★★無料全国18拠点
  • 調査実績43年
  • 法律に則った安心の探偵事務所
  • 日本最大級の調査員数
  • 全国主要都市に18拠点
  • 電話相談は24時間365日対応
  • 最新鋭の調査機材
  • 安心の料金設定・クレジットカード決済対応
  • 調査後のアフターフォローも万全
  • テレビ番組への調査協力多数

【優秀な失踪人捜索解決実績】
原一探偵事務所は、テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」をはじめ、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」等で、様々なケースの失踪人や行方不明者を捜索し結果を出してきた信頼と実績があります。

【安心の価格設定】
原一探偵事務所は必要経費が全て込みの安心プランとなっています。お見積もり以外の追加料金は一切いただきません。


お客様満足度98.6%!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国11拠点
  • カウンセリングによる問題解決・再発防止
  • 業界初の成功報酬・後払い制

【専門カウンセラーによるアフターサポート】
失踪者・家出人を発見した後は、何が原因で失踪したのか、どのようにすれば再発を防げるかをきちんと理解することが大切です。再発防止策のアドバイス、カウンセリングを受けることができます。

【解決率87.2%】
経験豊富な人探し・行方調査専門スタッフが24時間体制で対応します。全国のネットワークと高い調査力を駆使し対象者を早期発見に導きます。

まとめ

大切な息子・娘が突然行方不明となり、家出なのか失踪なのか事件なのかも分からず不安な日々を過ごされている方、行方調査はスピードが重要です。行方不明者・失踪人・家出人捜索など人探しに対して高い解決実績を誇る探偵事務所に今すぐ無料相談されることをおすすめします。

栃木県の方向けはじめての探偵・行方調査Q&A

探偵事務所に行方不明・失踪・家出人捜索を依頼したいけど一歩踏み出せないという方、悪徳な探偵事務所に引っかかりたくない方、まずは探偵事務所についてそして行方調査について知ることからはじめましょう。 探偵・行方調査に関連する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.値段が相場より安い探偵事務所は信用できますか?

A.依頼前の料金見積りと、契約内容の確認を必ず行いましょう。

相場より安い探偵事務所に惹かれてしまう気持ちは理解できます。ですが、探偵業界では誇大広告が蔓延っており、見積金額に上乗せして調査費用を請求してくる探偵事務所も少なくありません。 見積もり段階では一番安くても、最終的に高額になってしまっては意味がありません。

見積金額以上の金額を請求しないと明言している探偵事務所や、追加調査の際には必ず事前に了解を得るといった探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

Q.探偵が調査内容等の秘密を洩らす可能性はありませんか?

A.業者によっては可能性が0とは言えません。

探偵業は調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはいけないと探偵業法で秘密厳守を義務付けられているのですが、悪質な探偵事務所によっては徹底されていないのが実情です。 外部へ洩れるケースは、情報管理が不十分、探偵業者が故意に漏らす等様々です。 個人事務所や小さな探偵事務所の全てが危ないというわけではありませんが、やはり信頼と実績のある大手探偵事務所に依頼するのが安心と言えるでしょう。

Q.探偵が調査を失敗したら返金されますか?

A.各探偵事務所によって異なります。

返金対応については、各探偵事務所によって方針が異なります。

1.全額返金される

2.調査した分の料金を差し引き、残金が返金される

3.返金されない

探偵事務所によっては成功報酬・後払い制を採用しているところもあります。

解約や返金に関しては、探偵業者は必ず事前説明をする義務があり、調査を行う前の段階で必ず説明をされます。 解約や返金についての説明をしない、はぐらかすといった探偵事務所に依頼するのは止めましょう。

Q.相談したら契約しなければいけませんか?

A.いいえ。

契約は希望の方のみですのでご安心ください。また、相談の上で調査が必要ないと判断された場合も受託されない場合があります。 行方不明・失踪・家出人捜索はスピードが重要ではありますが、焦る気持ちを利用し契約を無理やり迫ってくるような探偵事務所は避けましょう。

Q.解決の糸口となる情報とはどういったものですか?

A.氏名、生年月日、顔写真など。

氏名や生年月日はもちろんのこと、住所(現住所、本籍地、過去の居住地等)、写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真)、携帯電話番号、趣味嗜好、持ち出したと思われる所持品(免許証やキャッシュカード等)、 失踪時の所持金、銀行口座の金額の変動、異性・友人関係、パソコン内の情報、書置きなど、些細な情報でも1つでも多くの情報を提供することで早期発見に繋がります。

探偵の基礎知識コラム

あまりなじみのない家出調査サービスですがもし何かしらの理由で依頼をする場合、いつぐらいまでに依頼するのが良いのでしょうか。

調査結果としては、家出から数日立って連絡がなければすぐに探偵や興信所へ依頼しましょう。

興信所の方のデータによると、家出から1週間以上経過していると見つかる可能性が一気に低くなるそうです。

身内の家出だからと様子を楽観的に考えすぎてしまい時間が経過してしまっては足取りを追うのも難しくなっていきます。

また、見つかるのに日数がかかりすぎてしまうので高額費用になってしまいますので、早めに相談・依頼をしましょう。

近年の人探しではアプリの活用が増えています。

これは家族が家出した時などの家出調査でも役立ちます。

例えば、iPhoneにプリインストールされている「iPhoneを探す」機能や共通の友人や知人から連絡を取ってもらうこともできます。

他にもFacebook学校の友達経由で連絡を取ったりアカウントがわかっていれば「いいね!」をしたスポットからヒントを得ることができます。

盗難時を考えているのでPCから遠隔でスマホのロックをかけて使用できなくしたりアラームを作動させることや所有者へのメール送信もできます。

こういったアプリを活用する際の注意点として、事件だった場合には犯人を逆上させてしまう可能性も考慮しなければいけません。

ある日、突然家族が失踪したなどで行方不明になった人は毎年8万人以上になります。

これは警察に届出があったものだけなので実際はその倍以上と言われています。

家出調査を探偵へ依頼すると料金が発生しますが高額になりやすいケースやできるだけ安く抑える方法はあるのでしょうか。

依頼前に高額になりそうだと考えられるケースが探したい人が意図的に失踪した場合や行方不明になってから長い時間が経過している場合などです。

費用がどれくらいになりそうかは依頼前に無料相談を活用して聞いておきましょう。

料金を安く抑える方法のひとつとしてはとにかく情報の提供をすることです。

例えば、探したい人の身体的特徴や当時の服装などです。

学生時代の友人に久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達も連絡先がわからずいつに間にか音信不通状態ということがありました。

そこで行方不明者に関して気になったので調べてみました。

自力で探すのも1つの手段ですが探せる規模に限りがあります。

なので家出調査などで人探しを行っている探偵への依頼も考えましょう。

その際に多くの方は初動で自力で探すと思いますが家出調査を行う探偵の話では4日間以上行方も連絡もない場合は地道な聞き込みや張り込みなどを行うことができます。

また、別のメリットとしては個人情報保護法の観点などから見つかった際にどう接触したら良いかアドバイスがもらえます。

この前、驚いた話を探偵の方がしていました。

それは、毎年8万人以上の行方不明者がいるという話です。

これは警察に届けられた件数なので実際はその3倍にもなると言われています。

家出人や失踪人は早く探し出すことが重要とされ、緊急性の高さや失踪要因から探し方を選ぶ必要があります。

家出調査と同様にまず最初に行う必要があるのは通帳や印鑑、常備薬などがなくなっているなど所持品から意図的かそうでないか推測できます。

一番早く解決できるのが探偵への依頼と言われています。

仮に、遺書などが見つかった場合は警察に届け出をしましょう。

事件性が高い場合はすぐに動いてくれますが事件性が低そうな場合は探偵に依頼しましょう。

子供が家出したら、親はまず何をしたらよいでしょうか。

長時間帰宅しない場合は警察への届け出を行うと思いますが前提として警察は何かが起きてからでなければ動けません。

「すぐに帰ってくるだろう」という甘い認識でいるといつの間にか事件に巻き込まれてしまうこともあり得ます。

そのため、すぐに探し始めなければいけません。

家出調査のプロである探偵の方の話では、まず行うこととして、子供の私物を確認することを推奨しています。

部屋に手紙が置かれていることもあり、その中には家出先の情報やそもそもの家出の原因が書かれていることもあります。

この前、探偵ものの作品を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは現実世界の探偵はどういった仕事をやっているのかという疑問です。

同じ疑問を思い浮かべた人は多いのかネット上にその疑問を解決するランキングが載っていました。

実際の依頼内容で1番多いのは浮気調査のようです。

1分単位で対象者の行動を記録し、いつ・誰と・何をしていたかを調査します。

浮気調査の調査報告書は証拠としての信頼性が高く裁判になったときに有利になります。

次に多いのが家出調査です。

家出とついていますが行方不明者などの人探しも含まれます。

家出するのが多い年代は10代・20代という話もあり、家出の理由としては受験の失敗や怒られてというのが多いようです。

急に知人と連絡がつかなくなった場合、最も重要なのは1秒でも早く捜索を始めることです。

喧嘩した旦那だろうが気の合わない姑だろうがこの場合関係ありません。

家出を単なる家出と考えて放置すると思わぬリスクを招く恐れがあります。

しかし、行方不明者探しの経験のある人は少ないと思います。

家出調査のプロとも言える探偵事務所の方に方法を聞きました。

最もメジャーなのが警察による捜索です。

他にも自力での捜索や探偵事務所に依頼して捜索の3タイプに分類されます。

警察による捜索は事件性が高く人命に関わる恐れがないとあまり動くことはなく、多くの人は最初は自力での捜索を考えると思います。

その場合は持ち出している物の確認やよく行くスポットがわかっていればそこを探してみましょう。

ネット上で家出調査について調べていたところこんな質問を見かけました。

息子が家出した、探偵に頼んだほうがいい?頼まないほうがいい?という内容です。

10代、20代のお子さんを持つ親の方の質問だと思います。

基本的には頼んだほうがいいとされています。

なぜかというと子供が家出をするときは其れ相応の覚悟をして家出します。

親とのケンカが理由の場合は待てば帰ってくることもありますが何回か続くうちに計画的に家出をして音信不通になることも考えられます。

また、親の過干渉によるプレッシャーや家庭不和などが原因の場合は特に親の過干渉によるプレッシャーなどが原因の場合は心理的に追い込まれているので何が起きるかわからないです。

実行したかは別にして皆さんも1回は家出を考えたことはないでしょうか。

自分の場合は弟とのケンカでしたが他の人の理由はどういったものがあるのでしょう。

ネットで調べてみたところ家出調査のプロである探偵の話を見つけました。

探偵の行う家出調査は失踪人などの行方不明者探しも含まれるので厳密には違うかもしれませんが、主な理由としては「借金」や「うつ病」、「受験の失敗」などとなっています。

いずれにしても行方不明者を早く見つけることが重要です。

探す場合は、大金を持って失踪したかなど私物の確認をすることで意図的な家出かそうでないかの判断基準にできる可能性があるほか、手紙などが見つかれば家出先の手がかりにつながるかもしれません。

栃木県の方向け探偵お役立ち情報

行方不明・失踪・家出人捜索なら
原一探偵事務所がおすすめ

栃木県で子供の家出捜索は探偵事務所へ